Saturday, 28 May 2016

Actors and actresses in the perfromance of Brand (1866) written by Henrik Ibsen staged at Moscow Art Theater in 1906

Actors and actresses in the perfromance of Brand (first published in 1866) written by the Norwegian playwright Henrik Ibsen (1828-1906) staged at Moscow Art Theater in 1906

『ブラン』 カチャーロフ(ブラン)
『ブラン』 カチャーロフ(ブラン)
『ブラン』 カチャーロフ(ブラン)

『ブラン』 カチャーロフ(ブラン)『ブラン』 カチャーロフ(ブラン)『ブラン』 ゲルマーノヴァ(アグネス) 
『ブラン』 ゲルマーノヴァ(アグネス) 『ブラン』 ゴーレフ(ジナール) 『ブラン』 ゴーレフ(ジナール) 
『ブラン』 バリーエフ(キステル) 『ブラン』 マッサリチーノフ(医師) 『ブラン』 ハリューチナ(ゲルト)
『ブラン』 ハリューチナ(ゲルト)『ブラン』 テザフローフスキー『ブラン』 ラブレンティエフ(クレスチアン)
『ブラン』 ゴーリチ(教師)『ブラン』 バレスラフスキー、サプーノフ 


"Maria Germanova    La sua dizione melodica, vicina alla sensibilità simbolista, la porta a essere indicata da Blok come possibile interprete del dramma La rosa e la croce (Roza i krest). Si distingue in allestimenti quali: Brand di H. Ibsen (1906), Alle porte del regno di K. Hamsun (1909), Che disgrazia l'ingegno (Gore ot uma) di A. S. Griboedov (1906), Boris Godunov di A. S. Puškin (1907) ed Ekaterina Ivanova, appositamente scritto per lei da Leonid Andreev (1909). In patria lavora anche nel cinema, dando ottime prove in Anna Karenina (1914) di Vladimir Gardin, Ekaterina Ivanovna (1915) di Aleksandr Ural'skij, Ugolok (1916) di Česlav Sabinskij."

No comments:

Post a Comment