Sunday, 5 June 2016

L'Oiseau bleu (The Blue Bird) by Maeterlinck and first staged by Constantin Stanislavski at the Moscow Art Theatre in 1908


クリックすると新しいウィンドウで開きます

 
Some characters in L'Oiseau bleu (The Blue Bird) written by the Belgian playwright  Marie Bernard Maeterlinck (1862-1949) and first staged by Constantin Stanislavski at the  Moscow Art Theatre in 1908
クリックすると新しいウィンドウで開きます


Alexandra Rebikova as milk 

クリックすると新しいウィンドウで開きます
G. Burdzhalov as fire
クリックすると新しいウィンドウで開きます

クリックすると新しいウィンドウで開きます
Novoselsky as elm tree
クリックすると新しいウィンドウで開きます




No comments:

Post a Comment